ouchimark

子供と一緒にシンプルライフ。心地よい暮らしを目指しています。

半袖と長袖 洋服の一時置き場をつくる

気温差が激しい10月。


夏から着ている半袖と、引っ張り出した長袖がごちゃごちゃになって収納の上に山積み・・・

 

f:id:ouchimark:20171013124814j:image


保育園に通い出してから洋服の数が増えたので、春と秋は収納が混沌としていました。


大人であれば、着ないものをしまうor捨てるだけ。ですが、


息子の洋服の場合は、


●来シーズンも着るもの
●サイズアウトして来シーズンは着られないもの。


に分けられ、さらに、サイズアウトした洋服の中でも、


①消耗が激しいので処分
②状態が良いので残す(人に譲ったり、今後、兄弟ができた時の為)


があるので、一気に衣替えをするのが難しい。


収納内をキレイな状態に保とうと、ちょこちょこ出したりしまったりしていたのですが、
私の性格だと都度きちんとしまうのが難しく、オフシーズンの収納の中身が荒れてしまうのと、捨てるものの判断が鈍ることが判明。


今年は、服の一時置場を作りました。

 

 f:id:ouchimark:20171013124902j:image


といっても、また紙袋。
かごでも、BOXでもなんでもよかったのですがちょうど良いものがなかったのでとりあえずの設置です^ ^;


着なくなった半袖・半ズボンを収納にしまうのではなく、とりあえずこの紙袋へぽいぽい入れていくだけ。

 

 f:id:ouchimark:20171013124942j:image


暖かい日が続いて引っ張り出した長袖の置場が無い場合もここに入れて置きます。
急に半袖が必要になった時でもさっと取り出せて便利。


完全に冬物に切り替わったら、
一時置場の中身を全て広げて、着る為に残すもの、譲る用に残すもの、捨てるものの判断をします。


私は、全ての夏物を見渡せるようにすることで、捨てる判断がしやすくなります。


一枚だけ見るとまだ着られるような気がする洋服も、キレイな状態のものの隣に置くことで、
よれよれ具合、汚れ具合がはっきり見え、「こんなの人にあげられないわ・・」とか「2人目が出来たとしてコレ着せるかな?いや、かわいそうだ。」とか冷静に判断できます。


数が多いので時間はかかりますが、ちょこちょこ判断を重ねるよりはストレスが少ない。


今年から始めた一時置場ですが、引出しが荒れることなく良い感じなので今後も続けていこうと思います。

 

 

↓暮らしの参考にしています

にほんブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活

にほんブログ村テーマ
収納・片付け

にほんブログ村テーマ
やっぱり好き MUJI 無印良品

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪

『10月にやること』

やったほうが良いのに、後で良いや〜と思っていたらかなり日が経っていた。

なんてこと、今まで多々ありました。


どうせ毎年やると決まっていることはやる月を決めてしまえば忘れないのでは?と思い、考えてみることに。

 

すると、自分が10月にやると効率が良いことが3つ見えてきました。

 


①インフルエンザの予防接種


13歳未満は2回接種。
1回目と2回目の間は2~4週間空けるのが望ましく、ワクチンの効果が期待できるのが2回目の接種後1~3週間後との事。
1回目を忘れていると本格的な流行までに効果が間に合わなくなることも。

 


②乳がん検診の予約

 

早期発見に勝る治療法はない。

そう実感してから、検診の類を大切に考えるようになりました。


子宮がん検診は自治体から補助が出る検診が2年に1回。
会社の検診も2年に1回。
それがうまい具合にずれているので毎年受けているのですが、乳がん検診は自治体も会社も40歳以上のみ。
なので自分で予約しないと受けられません。
今現在問題が無いと、まぁいっかとなってしまいがちなので月を決めて毎年受診することにしました。

何月でも良いのですが、去年10月に受けたので10月に。

 


③モコモコ靴下を買う


一年中スリッパを履かずに過ごしているので冬場のモコモコ靴下は必須。


かわいいので何足も所有していた時期もありましたが、分厚いので収納スペースの無駄と思い自分なりのルールを設けました。


秋に2足買って、履きつぶして春に手放す。


我が家は毎日洗濯機を回しているので2足で足ります。
履いているか、洗っているかのどちらかなので消耗は激しく、暖かい季節になる頃にはボロボロ。
心置きなく手放せます。


靴下は手にはめると優秀なお掃除道具になるので、窓枠のレールの部分など細かい部分を掃除してから捨てています。


10月はモコモコ靴下も売り始めたばかりでデザインが豊富。
春に手放すことで、半年間は収納スペースが空くので引き出しに余裕ができる。

 


去年から始めた方法ですが、なかなか効率的で気に入っています。

 

f:id:ouchimark:20171011150409j:image

 

新しい手帳を買ったら、10月のページにやることリストとして3つを書いておけば忘れないで済むかなぁと期待しています。

 

 

 

↓暮らしの参考にしています。

 

にほんブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活

にほんブログ村テーマ
収納・片付け

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪

うす着のすすめ

先日、保育園から頂いたお便りにこんなことが書いてありました。

 

 

〈秋はうす着の服装で〉

肌寒く感じる朝が増え、ついつい子どもに厚着をさせたくなりますね。

しかし、本格的な寒さを迎える前のこの時期に、うす着の習慣をつけておくことが風邪を引きにくい体を作ります。

うす着は、皮膚が外気を敏感に感じ、それに対して身を守る仕組みや調節機能を高め、寒さに対する抵抗力が強くなります。

また体を動かしやすい服装のため動きが活発になり、ケガをしにくくなります。

 

衣服の目安として…

①『綿のランニングか半袖シャツ』+『半袖または7分袖のシャツ』+半ズボン

②ベスト、トレーナーなどで調節する(秋は気温差が大きいため)

③厚手の服を1枚着せるより、薄手のものを2枚重ねた方が空気の層ができて暖かい。

④子どもは、大人に比べて体温が高めで新陳代謝も盛んなので"大人より1枚少なめ"を目安に!

 

 

 

なるほど〜!

自分が考えてたより随分と寒そうな格好が推奨されているではありませんか!

半袖や半ズボンなんてすっかり片付けてしまうところでした…。

保育園からの情報を取り入れ、寒い時期を上手に乗り切ろうと思います。

 

f:id:ouchimark:20171007135057j:plain

 

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪

小さく折り畳めるベビーカー

お友達に、それどこの?


と聞かれることが多い我が家のセカンドベビーカー。


2台目のベビーカーは要らないかな~
なんて思っていたのですが、買って良かったなと思うのでご紹介します。

f:id:ouchimark:20171005092507j:image


こちら、POCKIT(ポキット)というとてもコンパクトに折りたためるベビーカー。

 

f:id:ouchimark:20171005092532j:image


機内持ち込みサイズ、自転車のかごにも入る優れもの。
付属のバッグに入れて、肩に掛けて持ち歩くこともできます。

 

(今はポキットプラスにモデルチェンジして、付属の袋は無くなったみたいですね…その代わりにリクライニング機能がついているみたいです↓)

 

 

 


玄関の収納にもスッキリ収まりました。

 

f:id:ouchimark:20171005093610j:image


今ではだいぶ長い距離を歩けるようになった息子ですが、
長時間のお出掛けとなるとやはり途中で疲れて抱っこ~となります。


2歳ともなると重くて重くて抱っこも大変なので、気軽に持ち歩けるベビーカーがあってとても助かってます!

 

 

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪

にほんブログ村テーマ
収納・片付け

誕生日の飾り付け 再利用と収納

2歳の誕生日の飾りつけは、ほとんどが1歳の誕生日の再利用です。

f:id:ouchimark:20170719173722j:plain

 

f:id:ouchimark:20170719173937j:plain

 プレゼントのストライダーでご機嫌な息子♩


■吊るすタイプの飾り■

買ってから気が付いたのですが、飾りにも収納しやすいものとしにくいものが!
天井から吊るしている飾りは2種類。

このタイプはぺタンと折りたたみできるので収納に便利。

ハニカムボール

 
 

このタイプは一度広げてしまうと薄っぺらくたたむのは困難・・・

↓ フラーワーポム

 
 

どちらのタイプも届いた時は同じように薄っぺらかったので、収納しやすさに差があるなんて気が付きませんでした。
反省。

 

f:id:ouchimark:20170719174722j:plain

 

畳んでファイルボックスに入れて…

 

f:id:ouchimark:20170719174757j:plain

 

廊下の収納へ。



■バルーン■

去年は初めての誕生日という事もあり、気合を入れて巨大なヘリウムガス入り数字バルーンをネットで注文。
 

結構高価でしたが、くしゃくしゃになるまで遊び倒して捨てました・・・^ ^;


今年は初回無料でヘリウムガスを入れてくれるサービスをしているお店で購入。
赤ちゃん本舗やキッズリパブリックでやってます ^ ^ )

バルーン代だけなのでお安くすみました。


空気を抜いてキレイに保管できたら来年また使えるかな?
と思いやってみたのですが、バルーンに付属の短いストローでは空気は抜けず…

家にあった普通のストローを使ったら抜けました!

 

↓白いのがバルーン付属の空気入れ用ストロー。細くて短いです。

f:id:ouchimark:20170719174236j:plain


ストローを空気穴から奥まで挿し込み、バルーンを優しく押すと抜けていきます。

 

f:id:ouchimark:20170719174127j:plain

 
キレイに折りたたんで保管。

 

f:id:ouchimark:20170719174417j:plain

 

どんどん増える子供のグッズ。

せめて毎年使うイベントものは収納しやすく、再利用出来るものを選ぼうと思いました^ ^

 

暮らしの参考にしています↓

にほんブログ村テーマ
収納・片付け

 

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪

指しゃぶりの末路

息子、保育園に入園してから指しゃぶりが始まりました。

手持ちぶさたな時、眠い時などは必ずお口に指が・・・


歯科検診の際に、
「歯並びの為にはそろそろやめた方がいいね。」
と言われたこともあり、

「2歳になったらやめようね。」と2歳になる2ヶ月ほど前から声をかけ始めました。
いきなりやめるのは無理だろうと思い、

「絵本読むときはやめようね。」
「しまじろう見るときはやめようね。」

等、少しずつ減らしていき、誕生日の1ヶ月前には寝る時以外は指しゃぶりをしなくなりました。

なかなか順調かも!

なんて思っていた時に事件が。



 
ある朝、起きると指しゃぶりによってできた吸いダコから血が出ていました。

その時ちょうど保育園にトビヒの子が居て感染。

絆創膏も包帯も嫌がってすぐに外してしまうので処方された薬を塗ってもなかなか治らず・・・
3日ほど経った頃、脇のリンパ節が5センチほど腫れて熱が出ました。

病院に行くと、まさかの緊急入院。

そのまま9日間も入院となりました。

トビヒの菌がまわってリンパ節が腫れてしまったようなのですが、腫れ方が尋常じゃないので点滴じゃないと治らないとのことで入院でした。
まさか指しゃぶりから入院になるなんて・・・本当に驚きました。

付添い入院が出来ない病院だったので、20:00にはお別れ。
帰るときは当然ものすごく泣くので親も子もとても辛かったです。


病院の面会時間は11:00~20:00。
最初の数日は朝だけ出勤して、面会時間にフルでいられるようにしていました。
しかし、毎日朝だけの出勤というわけにもいかず、午前中働いて急いで病院へ行く日々。
こんなに疲れたことない!という程疲れました。

息子が入院した小児病棟の面会は両親のみだったので、緊急の入院ではなく病院を選ぶことができる状況ならば、祖父母も面会OKの病院のほうが、働く母としては精神的に楽だなぁと思いました。


入院騒動を経て息子も嫌になったのか、指しゃぶりはめでたく卒業!
こんな卒業になるなんて・・・子育てって何が起きるか本当にわからない。


そんなこんなで完全にブログを放置していたのですが・・・久しぶりに覗いてみたら、更新していない間も毎日一定のアクセスがあって驚いています!
見に来て下さっていた方、ありがとうございます^ ^


今後はゆるりとしたペースで続けられたら良いなと思っています^ ^

1歳児 靴のサイズアップのタイミング

 

f:id:ouchimark:20170310131950j:plain

 

 

  1歳9ヶ月の息子。

「靴がキツイ」と自分で訴えられるほど上手におしゃべりは出来ません。
そもそも、足が大きくなるという概念すら持たないお年頃。

靴のサイズをいつ上げるのか、タイミングが難しい!

 

今回失敗して学んだので、靴のサイズアップのタイミングをまとめました。


■靴がきついと気づいたきっかけ■

恥ずかしながら、靴のサイズアップということが完全に頭から抜けていて、何も考えていませんでした。

 

どうして気がついたのかというと、足の親指の爪が少し欠けていたんです。

 

いえ、この時点でも気がつかず、伸びてきたからかな?と爪を切って様子を見ていました。

 

短く切っても少しづつボロボロになっていく・・・

 

そこでやっと、

「もしかして靴がきついの?」

と気が付きました。

 

足のサイズを測ってみると13cm。

履いている靴も13cm。


小さい子の靴はつま先に5mmほどの余裕があるのが理想とのこと。
・・・余裕ゼロ。
靴を買いに行こうと思った翌日の朝、親指の爪から出血してしまいました・・・。

気が付くのが遅すぎました。
息子よ、本当にごめん。



■0.5cmずつ?1cmずつ?■

小さな子どもの骨は柔らかく、サイズの合った靴を履くことがきれいな足の形や正しい歩き方など足の成長に大きく影響します。
ケチらず0.5cmずつアップしていこうと思いました。

サイズを測るときの注意点は、立った状態で測ること。
座った状態だと、体重がかかっていないので正しいサイズを測ることはできません。

子供にもよりますが、3ヶ月に1度はサイズチェックが必要。

そうはいっても、わざわざ準備して図るのって意外と手間ですよね。
 
調べたところ、中敷きを使って測る方法が簡単でした。
ベビーシューズは中敷きを取り外せるものが多いので、
取り外した中敷きの上にかかとを合わせて立たせて、つま先にどれくらい余裕があるかを見る。
余裕が少なくなったら買い替えのタイミング。

この方法なら、思い出した時にできるのでこまめにチェックしてあげられると感じました。
 
 
 
■おわりに■

洋服のサイズアウトと違って、気が付きにくい靴のサイズ。
こまめにサイズチェックして、小さな足を守ってあげたいと思います。

 

 

暮らしの参考にしています↓

にほんブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活

にほんブログ村テーマ
収納・片付け

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪

 

↓よかったら応援クリックお願い致します^ ^

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村