子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

3歳 自分で!できるクローゼット②

もうすぐ3歳になる息子。

洋服を自分で取れる位置に移動しようと、大人用クローゼットにスペースを作ったのですが・・・



かなり不便;

リビングからも洗面所からも遠いので、洗濯後にしまうのも着替えるのも、なんだかとてもめんどくさいのです。

思考錯誤した結果、わが家の息子の自分で!できるクローゼットはこんな場所になりました^^


リビングと洗面所からすぐの収納の中です^^

この収納がある位置は家の中心。

どこにいてもアクセスが良いのが利点です。

中身はこんな感じ・・・

突っ張り棒+ハンガーでトップスを吊るし、

肌着・靴下・ズボンは今まで通り無印のPPケースに収納しています^^

息子がわかりやすいように、ラべリングをイラストにチェンジ。
ラべリングはOURHOMEさんの「みじたくシール グレー」を使用^^

PPケースの上にはボックスを2つ並べて、それぞれにパジャマとその日の朝に保育園に着ていく用の洋服を入れています。

左側には、置き場所が定まっていなかった保育園のシーツ置き場を^^

忘れがちなシーツ交換の曜日を吹き出しに記入。

と、最小限の息子の身支度セットを集結させました。



来年度から幼児クラスになる息子。

幼児クラスになると、保育園での身支度は自分で行うようになります。

そうなったら、かばんやコップ置き場なんかもこちらに移動する予定^^

その前段階としての、「手が届く範囲に自分の身支度セットがあり、気が向いたら自分でできる環境」が、いまの息子にちょうど良いかな~と思っています。


気になる息子の反応は・・・

意外と大喜び。

「パパ、見て!ここにズボンがあってね、靴下はここになったんだよ!」と嬉しそうに夫に報告するなど可愛い姿が見られました。

気分によって自分で洋服を取ったり取らなかったり、活用度にはムラがありますがいまはそれでよし^^



そして、こちらに洋服を移動したことでわたしにもメリットが^^

洗面所からすぐの場所に移動したことで、乾燥後の洋服をしまうのが格段に楽になったんです!

畳んだものを押入れまで持って行く何歩かの手間ですが、カットできたことで朝の動線がラクになりました^^

ほんのちょっとのことですが、想像以上にラク。

カットできる無駄な手間、まだまだあるんだろうな~

夫と私の下着類なんかも洗面所付近に置いた方がラクだよな~

と、収納を考え直したほうが良さそうな場所も浮かびました^^

自分の中で収納熱がアツい今のうちに、いろいろ整えていきたいと思います^^


関連記事
www.ouchimark.com




最後まで読んで下さり有難うございます。
↓ぽちっと押していただけると更新の励みになります^^


にほんブログ村