子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

アクセントクロス ペンキ塗りのコツ

アクセントとしてリビングの壁を1面だけグレーに塗ることにしたわが家。

角だらけの押し入れや、範囲が広い子ども部屋の塗装を経験済みだったので、壁1面くらい簡単♪

と、正直なめてかかったペンキ塗り。

しかし、カラーのペンキは、白いペンキよりムラが分かりやすく、上手に塗るにはコツが要りました!

ペンキの塗りすすめ方や、やってはいけないこと等、ペンキ塗りのコツをまとめました^^





ペンキ塗りのコツ

子ども部屋のペンキ塗りの際、気の向くまま、好きなところから塗りましたが全然ムラになりませんでした。

そのため、今回も好きなように塗りすすめたら・・・ムラができて大失敗;

経験を踏まえ、カラーペンキをムラなく仕上げるコツは、この順番で塗りすすめる事!

ざっくりブロック分けして、上から下に、縦のブロックを仕上げてから隣のブロックに移るとムラなく上手に仕上がります。



ローラーを使って塗りました^^


ブロック内を縦方向に塗って、

横方向に塗って、

整える。


各ブロック、この繰り返しです。

わが家の壁紙は凸凹しているため、薄塗りだとこんな感じでまだらになります;

まだらが無くなるように1ブロックごとに丁寧に仕上げていくことが大切です。



失敗パターン①横に塗っていく

縦に塗ると上手に仕上がると気が付いたのは・・・

横に塗りすすめて失敗したため^^;

失敗した時の塗りすすめ方はこちら。

すると、1と6の境目と、2と5の境目だけムラになりました・・・。

3と4は全くムラにならず、キレイな仕上がり^^


敗因は、横に塗りすすめると、5と6を塗るころには1と2が乾いている為、境目をキレイに仕上げるのが難しいこと。

ウデがあればどう塗りすすめても大丈夫なのかもしれませんが・・・わたしのような初心者には縦に仕上げていく方法をおすすめします。



失敗パターン②一部だけ塗りなおす

上記でムラになった部分が気になり、全て塗り終わった後にムラの部分だけ塗りなおすと・・・・

↑塗りなおした直後の写真。これが乾くと・・・

ものすごいムラ!!;

最初の状況より悪化しています。

ペンキを薄くのばしてまわりとなじませようとした部分が、厚塗りした部分よりムラになるという悲劇。

この時点で、ペンキはすっからかん。

追加購入して塗り直すこと決定です;;

どうせ塗りなおすからと、薄くのばさずにすべて厚塗りで塗りなおしてみたら・・・

さらに悪化。笑
テキストボックスみたいになってしまった!!
笑うしかありません^^;


後日、ペンキを追加購入して全体を縦方向に塗りなおしてや~っとムラの気にならないアクセントクロスが完成しました^^

よーくよーく見ると、塗り直して失敗した四角がわかるのですが、もう気にしません;


一部だけ塗りなおすのはやめた方が良い。
教訓です;;



おわりに

紆余曲折あってやっと完成したリビングのアクセントクロス。

グレーの右側の壁(和室側)だけが白いの、わかりますか?
実は、押入れ、子ども部屋、アクセントクロスに続き、リビングダイニングの壁紙も真っ白にペンキ塗りしようと考えています^^

こうして比べてみると、白さが全然違う!

早くやりたいけれど、リビングダイニング全体のペンキ塗りは一日がかりになりそうなので、できるのは夏休みか…!?

休日が別々の夫婦の大掛かりな模様替えはのんびり進みそうです^^




関連記事
www.ouchimark.com
www.ouchimark.com




最後まで読んで下さり有難うございます。
↓ぽちっと押していただけると更新の励みになります^^


にほんブログ村