子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

チャイルドシート レンタルと購入を使い分け

2000年4月1日から着用が義務化されたチャイルドシート。

6歳未満の子どもが車に乗る際は、新生児であろうとチャイルドシートの着用義務があります。

法律上は6歳以上のチャイルドシート着用は義務ではありませんが、
大人用のシートベルトは身長140cm以上に対応している為、実際には12歳頃までチャイルドシートが必要になることが多いようです。

年齢や身長に応じてチャイルドシートを買い替えていくのですが、種類がたくさんあってよくわからない;

わが家は、息子を出産した病院から家までは歩ける距離ではなかったので、産後すぐにチャイルドシートが必要になりました。

新生児から12歳まで、チャイルドシートをどう買い繋いでいくのか・・・?

わが家の場合をまとめました。





チャイルドシートはどんな種類があるの?

子ども用のカーシートを総称して「チャイルドシート」と呼びますが、年齢に合わせて様々な種類があります。

新生児・乳児用ベビーシート

年齢:産まれてすぐ~1歳頃
体重:0~9kg

ベビーシートは生まれてすぐから1歳頃まで使用できるチャイルドシートで、進行方向に対して後ろ向きで使用するのが特徴です。

赤ちゃんを寝かせたまま移動できるキャリーとして、また、出先での簡易ラックとしても使用できます。


幼児用チャイルドシート

年齢:生後9ヶ月~4歳頃まで
体重:9kg~18kg

ベビーシートを1歳前後まで使用した後を引き継ぐのが幼児用チャイルドシートです。

進行方向前向きに取り付けして、子どもは5点式ハーネスでホールドするものが一般的です。


学童期ジュニアシート

年齢:①3歳から7歳まで ②5歳から12歳頃まで
体重:①15kg~25kg ②22kg~36kg

幼児用のチャイルドシートと違って、車のシートベルトを直接子供に使用するシートです。

座面を高くして腰ベルトがきちんと骨盤にかかるようにし、肩ベルトが首にかからないよう位置調節するためのシートです。

腰下だけの簡便なものと、背もたれ付きで上半身もサポートするものがあり、対象年齢もそれぞれ異なります。



チャイルドシート わが家の買いつなぎ

チャイルドシートの種類はざっくり分けると上記の3種類ですが、製品の性能によって対象年齢に幅があります。

産後すぐから使用できるチャイルドシートは、使用できる期間とは裏腹に高価なものが多いのでわが家はレンタルしました。

このタイプです。
ハンドルが付いているので、赤ちゃんを寝かせたまま移動できるので便利でした。

ゆらゆら揺らして簡易ゆりかごのような使い方もできました^^


産後すぐから数ヵ月間レンタルして、幼児用チャイルドシートを購入しようと思っていたのですが、
1歳頃から12歳頃まで使用できるものがあることを知り、急遽レンタルを延長。

息子が1歳になるまで新生児用をレンタルし続け、コンビのジョイトリップ エッグショックGGを購入しました。

成長に合わせてヘッドレストや背もたれを取り外しできるので、12歳まで使用できるというチャイルドシートです。


1歳までレンタル

1歳から12歳まで使用できるチャイルドシートを購入


という流れで、チャイルドシートを購入するのは一度で済みました^^

1年間レンタルしたので金額はかさみましたが、買い替えや破棄の手間を考えると良い選択だったかな~と思います。



チャイルドシートはどこでレンタルできる?

チャイルドシートをレンタルできるお店は10社以上あり、それぞれに魅力的な点があります^^

ざっくりと特徴別にレンタル店をまとめました。
人気の商品はすぐに貸し出し中になってしまうので、ご予約はお早めに!

レンタル期間が長い

ベビーファン
https://baby-fan.net/

愛育ベビー
http://www.ibaby.co.jp

ダスキンかしてネッと
https://www.kasite.net/sp/index.html


価格が安い

ベビーレンタ
http://babyrenta.com

べびーあいらんど
http://www.baby-love-land.com/?mode=cate&cbid=1317549&csid=1&view=smartphone


バリエーションが豊富

ベビーレンタ
http://babyrenta.com

DMMベビー・キッズ用品レンタル
http://www.dmm.com/rental/iroiro/=/category=baby/

ナイスベビー
http://www.nicebaby.co.jp



おわりに

新生児から必要なチャイルドシートですが、補助金制度や、無料貸し出し制度がある地域があります!

補助制度やレンタルを組み合わせることで、何度も買い替えせずに済む可能性がありますが、

兄弟で使うから買ったほうが経済的。
衛生面が気になる。

など、ご家庭によっていろいろな考え方があるかと思うので、自分に合った方法で無駄なく買い繋ぐのが理想。

チャイルドシートの買い繋ぎ、わが家の場合をお届けしました^^







最後まで読んで下さり有難うございます。
↓ぽちっと押していただけると更新の励みになります^^


にほんブログ村