子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

五月人形の防虫剤のおすすめは?洋服用で代用は可能か?

雛人形や五月人形をしまう際に必要な防虫剤。

大切な人形を虫の被害から守ってくれる心強い存在ですが、使い方を誤ると人形の変色・変形の原因になってしまうこともあるんです。

防虫剤は衣類と同じで良いのか?
人形に適した防虫剤はあるのか?

防虫剤の疑問と注意点をまとめました。





人形の防虫剤 洋服用で代用はできるのか?

人形の防虫剤を洋服用で代用しても良いのか?

その答えはNOです。

人形用と洋服用の防虫剤では使用している成分が異なります。

成分により、人形の素材と反応して変色が起こる場合がある為、衣類用で代用せず、人形用の防虫剤を使用しましょう。

1年に1度しか出番のない節句の人形。

衣類用の防虫剤は使用期間が半年など、短いものが大半です。

使用期間の面から見ても、ゆっくり長く効き目が続くように作られている人形用の防虫剤を使用したほうが良いと言えます。



人形の防虫剤 種類は?

防虫剤に使用される成分は主に4種類あります。

①パラジクロルベンゼン

・におい有り
・金糸、銀糸、金箔を変色させる可能性がある。
・プラスチックを溶かす可能性がある。
・衣装の染料と反応して、変色させる可能性がある。


②樟脳

・におい有り
・金糸、銀糸、金箔を変色させる可能性がある。
・プラスチックを溶かす可能性がある。


③ナフタリン

・におい有り
・プラスチックを溶かす可能性がある。


④ピレスロイド系(エムペントリン)

・においなし
・濃度が高い場合に銅を変色させる可能性がある。


こうしてみると、どの成分にも問題点があることがわかります。

さらに、①~③の成分は、他の成分と混ざると化学反応を起こし、プラスチックを溶かしたり、布にシミが出来たり弊害が起きるので併用不可となっています。

唯一、④のピレスロイド系(エムペントリン)だけは他の成分と混ざっても弊害が発生しません。

併用に関して注意すべきなのが、入替の時期。

前回使用した防虫剤の成分が残っていて、新しく入れ替えた防虫剤の成分と反応してしまうことがあるので、防虫剤は毎年同じものを使用するか、他の成分の併用可能なピレスロイド系(エムペントリン)を使用するのが安全です。



人形の防虫剤のおすすめは?

現在、人形の防虫剤の成分として主流なのは、④のピレスロイド系(エムペントリン)です。

唯一においがなく、他の成分の防虫剤と併用可能であることから、安心して使用できる防虫剤の成分であると言えます。

濃度が高い場合に銅を変色させる可能性があるので、使用量をしっかり守って使用しましょう。

わたしが兜を購入した時におまけで入っていた人形専用防虫剤の成分もエムペントリンでした。

人形用防虫剤としてメジャーな「わらべ」にもエムペントリンが使用されています。



おわりに

意外と知らない防虫剤の成分の違い。

年をまたいでの併用でも化学反応が起こる可能性があるなんて恐ろしい・・・

「毎年同じ成分の防虫剤を使うのが良いと言われても、去年使っていた防虫剤の成分がわからない!」

そんな時は、他成分と併用可能なエムペントリンが主成分の防虫剤を選ぶと安心です。

使用する際は、防虫剤の説明書きをよく読み、用法・用量をしっかり守って大切な人形を守りたいと思います^^






端午の節句の関連記事
www.ouchimark.com
www.ouchimark.com




最後まで読んで下さり有難うございます。
↓ぽちっと押していただけると更新の励みになります^^


にほんブログ村