子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

GWの北海道 1泊2日の子連れ旅行

昨年のGWに北海道へ1泊2日で行ってきました。

実は、直前までな~んにも予定が無かったのですが、軽い気持ちで覗いた旅行サイトで、北海道1泊2日 23,000円というプランを発見!
(ANA・羽田空港発です)

安さに感動して1週間前でしたが、急遽北海道旅行を申し込みしたのです。

当時息子は1歳10ヶ月。

北海道に1泊2日で子連れ旅行は無謀なのか?

心構えと1泊2日で無理なくまわれたスポットをまとめました^^




北海道 1泊2日の子連れ旅行の心構え

時間に余裕を持つ

大人だけの旅行ならば、あれもこれも!と欲張ってタイトなスケジュールであちこち行くのも楽しいのですが、
子どもとの旅行で大切なのは時間の余裕。

新千歳空港着だったので、あちこち行かずに札幌市内のみの観光!とあらかじめ行動範囲を決めました。

幸い、札幌市内には徒歩で回れる観光名所がたくさんあります。

子ども中心で無理なく楽しめることを最優先してスケジュールを組みました。

下調べの重要性

時間がない中で効率よく回る為には下調べは欠かせません。

子連れで入りやすい店は?
子どもが楽しめるスポットは?
このルートでかかる時間は?
タクシーの電話番号は?
早朝から入れるお店は?

行きたい場所と交通手段、かかる時間を調べ、最短ルートでまわれるように旅のしおりを作成しました。

いつもは行き当たりばったりの旅行なのでしおりを作成したのは初めて!

旅行中に検索しなくて済むよう、タクシーの電話番号やオムツ交換できる場所も記入。

自分だけのガイドブックとして重宝しました^^

何が起きるかわからないのが子連れ旅行。

しおりに書いたルートの中でも、絶対に行きたい場所と時間が無くなったら削る場所をあらかじめ決め、何か起きた時にがっかりしないように心の準備しておきました^^



北海道 1泊2日の子連れ旅行で行ける場所は?

1泊2日の札幌子連れ旅行で無理なく行けたルートをご紹介します^^

<1日目>

大通公園

札幌市中心部にある公園。

夏の風物詩「とうきびワゴン」でとうきびを頂きました^^

走り回るのが楽しい時期だったので、ひろ~い敷地に息子は大興奮。

飛行機やバスで座ってばかりだったので、有り余った体力をここぞとばかりに発散していました;


さっぽろテレビ塔

大通公園内にある札幌市のランドマーク。


札幌時計台

言わずと知れた、札幌の観光地。重要文化財に指定されています。

息子は、建物よりも入口のスロープに興味津々で繰り返し上り下りしていました;


北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)

重要文化財に指定されています。
無料で観覧可能です。


上にあげた4つは徒歩で移動可能です^^

子連れにピッタリの、のんびりと散歩しながら観光できるルートです。


もいわ山の夜景

長崎・神戸とともに、日本新三大夜景のひとつとして認定された札幌の夜景を一望できるもいわ山展望台。

本当にもう、と~ってもキレイでした!

2011年に施設がリニューアルされている為、施設全体やお手洗いが綺麗なのも子連れには嬉しいところ(オムツ替え台もあります)。

レストランやおみやげやさんも充実していました。

夜、しかも山の上なので5月とはいえすごく寒い!服装に注意が必要です。

日没に合わせて夜景を見に行き、ホテルへ直帰。
1泊2日だとどうしても移動時間が多くなり疲れがたまるので、睡眠時間の確保を優先して夜の散策はしませんでした^^


<2日目>

羊ケ丘展望台

「クラーク博士」でおなじみの代表的な観光名所です。

広大な牧草地に草を食む羊の群れを眺めることができる北海道らしい景勝地。

帰りの飛行機が14:00発だったので、2日目は羊ケ丘展望台のみの観光にしました。

広大な自然の中をのんびり歩き回れるので、2歳前後の子どもにはピッタリの場所です。

レストランもあるので、お昼御飯もこちらで済ませて空港に向かいました。
(レストランの下の階のトイレにオムツ替え台がありました)



GWの北海道 服装は?

5月とはいえまだまだ寒かったです。

気温だけ見ると神奈川県と大差ないように思えたので私はトレンチコート、夫は厚手のパーカーと軽装で行きましたが、正直寒かったです。

調節用にユニクロのウルトラライトダウンベストを持っていけばよかったなぁと後悔しました。

息子はこんな感じで完全に冬の装い。

最高気温は高くても油断は禁物。朝晩はとても寒いので、最低気温に合わせて調節ができるような服装が理想です。



おわりに

無謀とも思える北海道に1泊2日の子連れ旅行ですが、範囲を決めて観光するならせかせかしなくても十分楽しめます。

気がかりだった息子の飛行機での様子はというと、意外と大丈夫で騒ぎ出すこともなく、行きも帰りも無事に過ごせました。

搭乗している間の1時間半、夫とわたし、全力で機嫌を取っていたのでクタクタ;


有名な観光スポットや重要文化財を見てもまだよくわからない年齢の息子。

小さな子どもの満足度を上げるには、大通公園や羊ヶ丘展望台のような自分の足で自由に歩き回れるスポットを組み込むことが大切かと思います^^

1泊2日でしたが、大人も子どもも満足できる楽しい旅行になりました^^