子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

花粉症の肌荒れのスキンケア対策 かぶれた場合の対処法

3月に入り、花粉症が辛い季節になってきましたね。

花粉症といえば、目のかゆみや鼻水、くしゃみが代表的ですが、花粉が原因で起こる肌荒れがあることを御存知ですか?

わたしも、花粉による肌荒れに長年悩まされてきました。

顔全体がかゆくなることから始まり、広範囲に赤くガサガサした感じになり、ひどくなるとかぶれてしまう。

毎年花粉の季節はとても憂鬱だったのですが、ここ数年症状が軽くなり、かぶれまで進行することがなくなりました。

わたしが試してみて、効果的なだった対策と対処法をご紹介します^^




1・花粉症の肌荒れに有効なスキンケア方法

花粉症の肌荒れのスキンケア方法のポイントは、肌のバリア機能を高める事。

肌のバリア機能を高めると聞くと、化粧水や美容液を思い浮かべる人が多いかと思いますが、マイナスのスキンケアも有効なんです。

何かを塗り重ねるのではなく、触る回数を減らす。こすらないように意識する。

これだけ。

いわゆるこすらない美容法です。

普段の洗顔時やスキンケアの時にこすらない事を最優先に考える。

朝の洗顔は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで行う。

など、肌へ負担をかけないように意識し、必要最低限の洗顔にして油分を奪わないようにしてから、肌状態がと~っても良くなりました。

かゆかったり、花粉を洗い流したくてごしごしこすってしまうと余計に肌荒れが進行してしまいます。

ぐっとがまんして、触らずこすらず。

肌のバリア機能を高めて、刺激に強い肌を育てましょう。


2・肌全体がかゆくなり、使っている化粧水が合わなくなった場合の対処法

花粉が原因で肌が荒れ始めると、普段使っている化粧水が刺激になってしみるようになる場合があります。

そんな時、わたしが頼りにしているのは・・・

資生堂 dプログラムシリーズです。

デリケートな肌でも使える、厳選された成分を使用しているdプログラム。

肌荒れを繰り返さないよう肌を守り、肌バリア機能をを整えて育むのがコンセプト。

これがわたしにはとても合っていたようで、肌荒れで化粧水がしみるようになったらdプログラムを購入。

肌が健康な状態に戻ったら、また好きなスキンケア商品に戻るというのを繰り返しています。

これを使えば、健康な肌に戻る。

わたしにとって一時避難場所的なスキンケアグッズです。
※効果には個人差があります。資生堂のカウンターやドラッグストアなどで試供品がもらえるので、腕などでお試しになってからご使用ください^^


3・かぶれてしまった場合の対処法

いろいろ気を付けていても肌が荒れ始めてからかぶれまで、一気に進んでしまうことがあります。

かぶれまで進行した肌荒れを、自分の力で治すのは至難の業。

いろいろ試した結果、かぶれてしまった場合はすぐに皮膚科に行くのが一番の対処法です。

処方されたお薬を用法・容量をきちんと守ってとにかく一度治すこと!

肌が健康さを取り戻してから、自己流のスキンケアを試すことをおすすめ致します。



まとめ

つらい花粉症での肌荒れ対策として、今すぐに0円で始めらるのがこすらない美容法です。

とってもシンプルで効果的。

花粉症での肌荒れにお悩みの方がいらっしゃいましたら是非お試しください^^






最後まで読んで下さり有難うございます。
↓ぽちっと押していただけると更新の励みになります^^


にほんブログ村