子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

客観的 視点の取り入れ方 【30代ファッション】

ここ最近、気に入って買う服はネイビーとグレーばかり。


服だけじゃなくて、バッグも靴もコートもこの2色を選びたくなってしまうので持ち物のネイビー、グレー率がすごく高い^^;


結婚式の列席用ドレスまでもネイビー。
ドレスがクタクタになってきた買い替えのタイミングでちょこっと冒険してみました^^

 

f:id:ouchimark:20180222124241j:image 


ピンク!
といってもベージュかな?紫かな?一応ピンクか?みたいな微妙な色合いです;


自分にとっての冒険色を選ぶとき、客観的に見て似合っているのかも気になりますよね。


そんな時にわたしが頼りにしているのがパーソナルカラー診断で頂いた、似合う色の見本帳です^^

 

こんな風に、自分に似合う色味が集まっているので、ここにある色味に近ければ客観的に見ても似合う色ということ。

 

f:id:ouchimark:20180222124418j:image

これはサマーの見本帳。


買った服と並べてみて、「うん、近い近い。」と安心できる材料になります。

 

f:id:ouchimark:20180222124445j:image

 

 


この見本帳の中でも、年齢によって一番調和する色は変化していく。
昔はこの辺が好きだったけれど、 

 f:id:ouchimark:20180223042455j:image


今はこっちのほうが相性が良い。

f:id:ouchimark:20180223042501j:image 


好きなもの・着たいものが明確な人にとっては、そんなこと考えずに好きな物を選べばよいじゃないか!
と思われてしまうようなことですが、年齢を重ねたことで何を着たいのかがわからなくなってしまったわたしにとっては、洋服選びがラクにそして楽しくなる大事な指標になっています^^


バッグや靴を選ぶ際にも大活躍。


極端なことを言えば、バッグと靴って手持ちのすべての洋服と相性が良ければ、ひとつあれば何とかなると思っています。


さすがにそこまで減らせていませんが、なるべく手持ちの洋服との相性が良くなるようにこの見本帳を参考に欲しいものをイメージしてから買い物に出かけるようにしたらぐっと失敗が減りました。


失敗が減るから節約にもなるし、手持ちの服同士の相性が良くなるからいらないものが明確になり、断捨離もはかどる。


わたしにとって、いいことだらけだったパーソナルカラー診断。


すっかり生活の一部になりました^^

 

 

 


関連記事

www.ouchimark.com

 


最後まで読んで下さり有難うございます。
↓ぽちっと押していただけると更新の励みになります^^


にほんブログ村