子供と一緒にシンプルライフ ouchimark

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

【掃除の本質】グリルの掃除で気が付いた、中和して汚れを落とすということ

グリルの扉が汚れていたので、取り外して食器用洗剤で洗っていて思ったこと・・・


白いカリカリの水汚れはアルカリ性だから酸性のクエン酸で良く落ちたけど、油汚れって一体何性なんだろう??


酸性?アルカリ性?


そして食器用洗剤は中性っぽい・・・?


グリル掃除の途中でしたが、気になったので手を止めて調べました。


すると、油汚れは酸性


ってことは・・・アルカリ性の洗剤を使えばすぐに落ちるはず!


何かの景品で頂いて、ず~と引出しに眠っていたアルカリ電解水を引っ張り出して吹き付けてしばらく放置してみると・・・

 

f:id:ouchimark:20180201163046j:image


こすっていないのに汚れが浮いてきたんです!!


なんと!!


「落としたい汚れの性質を調べて、反対の性質を持つ洗剤で中和して汚れを浮かして落とす。」


これが汚れ落としの本質なのではないかと感動しました。
掃除好きの方にとっては基本の知識であって、何をいまさら!と思われてしまうかもしれませんが、掃除に苦手意識がありなるべく避けてきたわたしにとっては本当に本当に感動するほどの発見でした。笑

 


そしてさらに気が付いたことは、家にある用途別のお掃除洗剤が酸性、中性、アルカリ性のどれかに属しているということ。


キッチンにはキッチン用洗剤。
お風呂にはお風呂用洗剤。
トイレにはトイレ用洗剤。


深く考えずにとにかく用途別の洗剤を買っていたわが家。
マジックリンがたくさん・・・笑


全部必要なものだと思っていましたが、汚れが酸性かアルカリ性に分けられるなら、洗剤も酸性1本。アルカリ性1本で事足りるのではないか・・・?


そしてそれは、市販の洗剤を買わなくてもクエン酸や重曹やセスキ炭酸ソーダを駆使すれば対応できるのではないか・・・?


ということにも気が付きました。


だから世間では重曹やセスキ炭酸ソーダが話題なんですね!


と~ってもいまさらですが、掃除って奥が深い。

 


◾️粉類の特徴◾️ 

掃除に役立つ主な粉類の特徴をまとめました。


<クエン酸>
特性:酸性
           水によく溶ける


効果のある汚れ:アルカリ性の汚れ
・水道水のカルシウムやミネラルが固まった水垢
・トイレの黄ばみや尿石、アンモニア臭


<重曹>
特性:ごく弱いアルカリ性
           少し水に溶けにくい


効果のある汚れ:酸性の汚れ
・油汚れ
・排水溝などのヌメリ
・焦げ付き
・金属のさびを落とす(研磨作用)


<セスキ炭酸ソーダ>
特性:弱いアルカリ性
           水に溶けやすい


効果のある汚れ:酸性の汚れ
・油汚れ
・排水溝などのヌメリ

 


重曹とセスキ炭酸ソーダは同じアルカリ性ですが、セスキ炭酸ソーダの方がアルカリが強いので汚れ落とし効果が高いようです。


そうなると、セスキ炭酸ソーダだけで良いのでは?


と思ってしまいますが、重曹にしかできない汚れ落としもあるんです。


それが、重曹の研磨力を使った焦げ落としやさび落とし。


使い分けが重要になるんですね。


なんでもかんでも専用の洗剤を買っていたわたしですが、汚れ落としの本質に触れたことで粉類への興味がむくむく湧いてきました!


上手に使いこなせるようになれば、洗剤の断捨離ができそう^^


この土日で、重曹&セスキで油汚れに挑もうと思います。

 

 

関連記事

www.ouchimark.com

 

 


↓お掃除意欲が高まっているので頻繁に覗かせてもらっています^^

いろいろなお掃除の方法、参考になります!

にほんブログ村テーマ 掃除・掃除・掃除ー♪へ
掃除・掃除・掃除ー♪



↓同じ悩みをもつお母さんたちの解決方法、大変参考になります^^

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー


最後まで読んで下さり有難うございます。
↓ぽちっと押していただけると更新の励みになります^^


にほんブログ村