子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

究極の洗濯方法「煮洗い」 やり方はとっても簡単でした


衣類の黒ずみや黄ばみがスッキリ白くなると評判の「煮洗い」。

 

f:id:ouchimark:20180130121850j:image


その名の通り、洗濯物を鍋で煮ることで除菌・漂白を行う昔ながらの洗濯方法です。


普段白いものと色柄ものを分けずに洗濯しているため、少しづつ黒ずんできていた衣類やタオル・・・。


リセットしたくて、煮洗いに挑戦しました!


■煮洗いに使用できる鍋■
使用する鍋は、ステンレスか琺瑯のお鍋。


アルミの鍋は石鹸のアルカリで腐食を起こして穴があくことがあるのでNGなんだそうです。


わが家は琺瑯のたらいを使用しています。

 


◾️煮洗いに使う石鹸◾️
煮洗いには、粉せっけんを使います。
粉せっけんとは、洗浄成分が石鹸素地という成分でできている粉状の洗剤のこと。


一例として・・・
シャボン玉スノール


ミヨシそよ風


ミヨシ無添加せっけんシリーズ


アタックやトップ等の洗濯洗剤は「粉末合成洗剤」なので違います。ご注意を!


粉せっけんと一緒に酸素系漂白剤を使用する方法もありますが、効果がある、効果がない、諸説あるので今回は粉せっけんのみで煮洗いをしました。


■煮洗いに向いてる素材■
煮洗いは高熱を加える為、向いている素材と向いていない素材があります。


向いている素材
●綿
●麻


煮洗いNGの素材
●ウール
●シルク
●化学繊維(ポリエステル)
●マイクロファイバー
●オシャレ着

 


■煮洗いのやり方■
①水1ℓに対して粉せっけんを小匙2杯入れて良く溶かす。
②煮洗いするものを入れて、ふきこぼさないように弱火で20~30分煮る。
③火を止めて、お湯でよ~くすすぐ。

 

 

 


大きな物やお気に入りの物で失敗するのが怖かったので、まずは気軽に保育園タオルとフキンで煮洗いに挑戦してみました。


毎日洗っているけれど全体的にうっすらと黒ずんでしまっていた手洗いタオル。

 

 before

f:id:ouchimark:20180130122042j:image

 

 after

 f:id:ouchimark:20180130122053j:image


他にも、キッチンのフキンや息子の肌着も真っ白になりました^^


白さが戻るのは思った以上に気持ちがいい!


煮洗い、とってもおすすめです^^

 

 

 

 

煮洗いの評判を知り、たらいや粉せっけんを揃えたのは半年以上も前のこと。

道具を揃えたくせに、なんだか面倒くさくて取り掛かれなかったんです・・・。

「はじめてのこと」に取り掛かるのって少しめんどくさい。

でも、一度やってみればなんてことなかった!簡単だった!ということが多いなぁ。と最近よく感じます。
 

実は、「オキシ漬け」も、オキシクリーンを購入して3ヶ月程経ってからやっと挑戦しました(^_^;)
こちらもやってみたらとても簡単だったので、先週末にお風呂おもちゃと加湿器の2度目のオキシ漬けをしたところです。

1度やってみれば、2回目のハードルはぐっと下がる。

とにかく1度やってみること。

これがわたしには重要みたいです。
 
関連記事

www.ouchimark.com

 



↓参考になる時短術がたくさん^^

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ
ワーキングマザー


最後まで読んで下さり有難うございます。
↓ぽちっと押していただけると更新の励みになります^^


にほんブログ村