子供と一緒にシンプルライフ

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

ビニール袋の活用 子どものカッパを作成

保育園のお迎えは自転車を利用しています。


しかし雨の日は自転車というわけにはいかず、傘をさして歩いて帰っています。


2歳3ヶ月に傘デビューをした息子ですが、実践経験が少なくいつのまにか傘が斜めになってしまうため、雨の日には傘・長靴の他にカッパが必須。


…なのですが、先日の大雨の際にカッパを持参するのを忘れてしまいました。


帰りの電車で忘れたことに気が付きどうしようか考えていて、ふと、「ビニール袋で代用すれば良いか!」と思い付き実践。

 

思いのほか上手に出来て、雨除けの機能もしっかり果たしてくれたので作り方をご紹介します^^

 

f:id:ouchimark:20180118120725j:image


↑頭も肩もしっかり守ってくれました!こんな風に傘が斜めになってしまうのでカッパが必須。

 


私が使ったのは15Lのビニール袋2枚。

(汚れた服の持ち帰り用に保育園にストックしていたものです。)


1枚をフード用に、もう1枚を身体用に使いました。

 


■フードの作り方■


ビニール袋の底の部分をフードに使います。

 

 f:id:ouchimark:20180118122552j:image


赤いラインにハサミを入れると、ビニールが防災ずきんのような形になります。

 

 f:id:ouchimark:20180118122558j:image


ビニール袋を折って、子どもの頭に合うように奥行きを調節したら・・・

 

 f:id:ouchimark:20180118122607j:image


取っ手部分をあごの下で結んで出来上がり^^

 

f:id:ouchimark:20180118121612j:image


写真が暗くて分かりにくいのですが、自分で調節できるためジャストフィット。


■ポンチョ(マント?)の作り方■


赤いラインを切って開くと、1枚の大きなビニールになります。

 

 f:id:ouchimark:20180118122621j:image


マントのように羽織らせて、取っ手部分を首で結べばポンチョ部分の出来上がり。


テキトーに作ったにしては上出来で大満足。
ビニール袋が救世主になってくれました^^

 


◾️雨と自転車◾️


息子とのんびり歩いていて気が付いたのですが、大雨でも自転車に子どもを乗せている方がとても多い!


雨の日はいつも以上に歩くのに時間がかかるし、途中で抱っこなんてことになったら悲劇なので、雨でも自転車に乗りたい気持ちはすっごくわかります!!


勇気がなくてやってませんでしたが、みなさん危なげなく運転されてました。


大雨の日の自転車の装備は何が必要なのか気になったので、道行く子乗せ自転車の装備をさりげなく観察。

 

すると・・・


子どもは、温室のような完全防水カバーで安全。

 

 


母は、ダースベーダ―のようなサンバイザー + レインコートで無理やり。

 

 


な方が多かったです。
思わずエールを送りたくなるほど、お母さんたちは濡れながら頑張っていました。


勇気が出たら、私も挑戦してみよう。

 

 

 


関連記事↓

www.ouchimark.com

 

www.ouchimark.com

 

 

 


保育園に着いたときに息子に、


「カッパ忘れちゃったから今から作ってもいい?」


と聞くと・・・


「カッパって何?カエルなの?」


と聞き返されました。


河童じゃなくてレインコートの方だし、河童とカエルは違う生き物だし、いろいろ違っていて思わず爆笑。


わけがわからない会話に癒されて、雨の日の憂鬱も吹き飛びました^^

 

 

 


暮らしの参考にしています↓

にほんブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活

 

にほんブログ村テーマ
収納・片付け

 

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪