子供と一緒にシンプルライフ ouchimark

小さな子供がいるからこそシンプルに暮らしたい。心地よい暮らしを目指して。

掃除のしやすい部屋づくり 家具の配置

夫は平日休み、私は土日休みで休みが合わない為、大物家具をどけて掃除をするということが頻繁にはできないわが家。


私ひとりでも隅っこまでキレイを保てるよう、意識していること・・・


それは掃除機のヘッド幅です。

 

f:id:ouchimark:20180115161208j:image


どうしても壁にくっつけたい!等のこだわりが無い部分はとにかく掃除機のヘッドが入るように家具を置いています。


ダイニングテーブルと壁の間とか

 

f:id:ouchimark:20180115161238j:image


テレビ台の後ろとか

 

f:id:ouchimark:20180115161309j:image


大きいおもちゃの置き場所とか

 

 f:id:ouchimark:20180115161333j:image


観葉植物置き場とか

 

f:id:ouchimark:20180115161427j:image


物を移動することなく掃除機をかけられるのというのは思った以上に楽。


物をどけて、掃除機をかけて、元に戻す。というステップがあるとその場所をスルーしたくなる性格なのでこの一工夫が重要です。


掃除機のヘッド分の幅を取れない場所は、クイックルワイパーの縦幅が入るように配置。

 

ソファ横は左右ともクイックル幅のすき間を確保しています。

 

f:id:ouchimark:20180115161502j:image

f:id:ouchimark:20180115161513j:image


このソファは低重心ですが、ギリギリクイックルが入る高さなのでソファ下の掃除も簡単。

 

f:id:ouchimark:20180115161557j:image


キッチンのすき間もクイックル幅を確保。

 

f:id:ouchimark:20180115161616j:image 


最初は重たいものだけ幅を意識して配置していたのですが、物をどける手間が無いという手軽さが気に入り、軽いものでも配置に気を付けるようになりました。


めんどくさがりやでも掃除が続き、キレイを保てています。

 

 

 

 


夫と休日が違うということ。


夫婦二人だけだった時代や育休中には、不便はありませんでした。
仕事復帰してからは、今日夫がいてくれたらな~と思う休日がしばしば。


たまった家事をこなす時間を作れないから家事をためない。
一息つく時間を作る為に家事を効率化してみる。


少しでも楽に暮らせるように!と工夫をしていますが、疲れて気力の出ない日もあります。


そんな時は父母に来てもらったり、泊りに行ったり。

 

共働きで夫婦の休みが別々の方はどんな風に休息をとったり家事をこなしているのかとても気になります!

 

むりせず、自分に合った心地よい暮らしができるよう日々模索しています^^

 


暮らしの参考にしています↓

にほんブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活

 

にほんブログ村テーマ
収納・片付け

 

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪