ouchimark

子供と一緒にシンプルライフ。心地よい暮らしを目指しています。

うす着のすすめ

先日、保育園から頂いたお便りにこんなことが書いてありました。

 

 

〈秋はうす着の服装で〉

肌寒く感じる朝が増え、ついつい子どもに厚着をさせたくなりますね。

しかし、本格的な寒さを迎える前のこの時期に、うす着の習慣をつけておくことが風邪を引きにくい体を作ります。

うす着は、皮膚が外気を敏感に感じ、それに対して身を守る仕組みや調節機能を高め、寒さに対する抵抗力が強くなります。

また体を動かしやすい服装のため動きが活発になり、ケガをしにくくなります。

 

衣服の目安として…

①『綿のランニングか半袖シャツ』+『半袖または7分袖のシャツ』+半ズボン

②ベスト、トレーナーなどで調節する(秋は気温差が大きいため)

③厚手の服を1枚着せるより、薄手のものを2枚重ねた方が空気の層ができて暖かい。

④子どもは、大人に比べて体温が高めで新陳代謝も盛んなので"大人より1枚少なめ"を目安に!

 

 

 

なるほど〜!

自分が考えてたより随分と寒そうな格好が推奨されているではありませんか!

半袖や半ズボンなんてすっかり片付けてしまうところでした…。

保育園からの情報を取り入れ、寒い時期を上手に乗り切ろうと思います。

 

f:id:ouchimark:20171007135057j:plain

 

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ
子育てを楽しもう♪